秋の三連休最終日

11月5日

早朝6時過ぎに起床。6時半から作業開始。先ずは、刈り取ったソバを第二畑から庭先に移動。その後、ソバが植わっていた場所に、雑草除けのブルーシートを掛けて次の作業へ。

昨日、芋を掘ったスペースを均して、残った芋をコンテナに。あとは、根っこを拾い集めて、これも雑草除けのブルーシートを。

白菜と大根に掛かっていた防虫ネットを外して、畝いっぱなしになっていたところに、スナップエンドウを蒔いて。鳥避けのテープも張って。

スイカに張った防草シートを張り直しながら片付け、ここまでの作業で午前中一杯かかりました。写真は夕方に出直して。

午後一で近所の先輩の家に。家庭菜園をやめたので、道具類を引き取って欲しいとのこと。遠慮なく頂きました。

午後の作業は、先ずはお片付け。引き取った資材や第2畑から撤収したネットやら。

一区切りをつけて、そら豆とスナップエンドウを半分づつで種まき。右手に見えるのが、10月9日播種の春菊。育ちが遅いです。

小かぶに続いて、天王寺かぶも漸くふとりだしました。この辺りは、台風の大雨ですっかり浸かってしまい諦めたのですが、なんとか復活。でも、育ちが遅いです。

プランターに植わっていたイチゴを、畑に解放。どの様に育って行くのか、これから勉強です。

収穫したソバに、師匠が夜露除けの屋根をかけてくれました。来週は、脱穀の作業をする予定。桑田さんのコンサートの合間を縫ってなので、日曜日の午前中一点張りで。

犯人は夜盗虫

10月9日

気合いを入れて、7時30分に第二畑よりスタート。

9/16播種  23日目の三浦大根  途中一度の間引きと土寄せを経て、一本立ちの日を迎えました。

9/3播種  36日目の松島新二号

画像はないのですが、兎に角バリバリに食われたものがいくつかあり、その根っこを調べると、デカイ夜盗虫が。それだけ農薬の成分すら残ってない証拠なのでしょうが。来年は、透明マルチ消毒でもやらなきゃですが、今でも手一杯なので。

上の三枚は、同じ日に播種したもの。凄い差が出来てます。

お昼に、近所のお蕎麦屋にでかけて、買い物も済ませ、午後の部に。

そば畑の鳥害対策を済ませて。

第一畑に戻って。

固定種にするか迷いましたが、F1でいきます。両方とも、9/24に続いての第二弾。

時間も押し迫ってきて、あと一つ位蒔けるかどうか。時なし大根も蒔きたかったのですが。

春菊に決定。

上記三種は、昨日片付けたばかりのスペースを使用。どうなるか、これも楽しみ。

長い1日が終わりました。

早く間引いてぇ〜

10月8日

野菜の声が聞こえてきそうです。見るからに窮屈そうです。

ただその前に、キュウリの支柱を撤収。今年は二回戦しかできませんでしたが、来年は間にもう一回入れて、三回戦までやりたいなと。

続いて、第一畑の紅あずまを掘り上げました。大きさは十分でしたが、土が湿っていて大変なことに。第二畑のものは、乾いた状態でとも思いますが、来週も雨の予報。困りましたね。

さて、葉物の間引きです。

9/16播種  22日目の小カブ

9/24播種  14日目の天王寺カブ

9/24播種  14日目のチンゲン菜

9/24播種  14日目のあまうま中カブ

9/16播種  22日目の60日耐性白菜

昨年に比べ13日遅れの播種ですが、少し遅かったのかもしれません。

やはり、育苗に手を出さないと、思った成果は望めないのかと。

9/3播種  37日目の中生チンゲン菜

当日は暗くなってしまい、写真を撮るのも忘れて、10/10に撮影。

完全に間引き損なって、腰高になってしまいました。

その夜は、我が家も監督宅も、間引き菜のご馳走にありつきました。

台風接近中

9月16日

台風の接近に伴い、三連休は荒れた天気にとのオーバー気味な予報に、気持ちを掻き乱されつつ迎えた金曜日。明朝早くからの農作業を口実に仕事を早上がりして、六時には起きだして作業開始です。

第一畑では、小かぶと耐性60日白菜を播種。

第二畑には三浦大根を。こちらは固定種。

先週、ザックリと耕しておいたので、大根ってことで、今一度耕してから播種。

白菜に並んで大根のトンネルが増えました。この秋のシーズン中、右奥の10m×4本のスペースにどれだけ播種できますか。

今年の枝豆は、全く身が入らずに終わりました。

生姜も立派なものが取れてます。

秋野菜スタート

9月3日

いよいよ秋の種蒔きのスタート

固定種の白菜

姉の家に行く途中にある、野口種苗店で購入。

昨日、ハニーバンタムを片付けたばかりの畝に、元肥も投入することなく播種。以降は、手製のぼかし肥だけで育成するつもり。

マルチは使わず、トンネルをかけて完了。

第一畑に戻って

こちらも固定種

3シーズン目に入った、チャック付きネット。ガムテープでの補修が目立ちます。

ネットを設置した後に播種出来るのが良いです。小さな畑には良いですが、第二畑では小さすぎます。

来週も種蒔きが待ってます。

強風対策

10月22日

昨年秋、強風のため芽キャベツが倒れまして。今年は対策をしっかりとやりました。

img_4691

支柱3本で囲みました。育ってくると葉っぱの茎が支えになる計算ですが。

左のベタ掛け資材はスナップエンドウ。昨年はポット播きで11月1日でしたが、今年は直播です。

img_4687img_4688

白菜が大きくなっています。下の画像は虫食いの酷い物ですが、このあとどうなるか興味があります。

img_4692

手前がカブ。奥がチンゲン菜。10月1日播種の物。

img_4693

そして同じく10月1日播種の春菊。

img_4697

本日の収穫。左からカブとチンゲン菜の間引き菜。しょうが。それから9月4日播種の、あまうま中かぶ、二十日大根、チンゲン菜のトリオ。

そして、9月3日に播種して、間引き損なって二株がくっついていた白菜を間引いた物。結構出来上がっていて柔らかく美味しかったです。

この日の夜は、今シーズン初の鍋でした。白菜とチンゲン菜が活躍しましたよ。

種を蒔くということ

10月1日

ものの例えで、種を蒔くとよく言います。良きにつけ悪しきにつけ、ことの始まりを指すわけですが、畑に於いても正にこれをしなけりゃ始まらない訳で。今年は遅れ遅れになってます。

image

カブとチンゲンサイの第二弾

image

そして初お目見えのしゅんぎく

image

ネットを掛けて。しゅんぎくはネットなしです。

image

白菜も良く育っています

image

再び二週間ぶり

9月25日

今年は、週末に雨降りが重なると思っていましたが、先月末に続き再び先週は作業ができず、またまた雨上がり後の作業となりました。

image

前日、小雨の中購入してきた芽キャベツの苗。

image

こちらは師匠に育苗をお願いしておいた、スティックセニョール。この二つを植え付けます。

image

image

12本を植え付けネットを掛けて芽キャベツは終了。前年は8本でした。

前年に比べて、26日遅れでの植え付け。

image

image

スティックセニョールは17本。こちらは12日遅れですが、前年の購入した苗に比べて少し小さめですので、実質20日遅れ位の勘定でしょうか。

ここで、雨上がり後の作業の辛さに直面。ネットの裾を埋めるのに、三角ホーで土を掘るのですが、雨で水分を含んだ土を、植え付け作業で図らずも踏み固めてしまい簡単に掘れません。そこに上からの日差しと蒸発する熱気に当てられ、ヘロヘロの状態は熱中症一歩手前。何度も日陰で休みつつ何とか終了。

image

9月3日に種を蒔いた白菜を一本立ちさせました。

image

今、三つ葉が良好です。

image

適当に蒔いた二十日大根。少しずつ根が太り始めました。

二週間ぶり

9月3日

先月21日に堆肥をすき込んだものの、先週は雨で作業にならず。今週も昨日までは雨の予報でしたが、降り出しが夕方以降にずれ込む様子で、久々の農作業となりました。

image

直播きの出来るものを選んで初の白菜

image

45㎝間隔で千鳥に蒔いて

image

一箇所五粒  雨が降る予報なので水は撒かず

image

ネットを掛けて終了

蕪も蒔くつもりでしたが、疲れてしまい諦めました。

写真は忘れましたが、枝豆は全収しました。