昨年はあまり気にならなかった

4月15日

第二畑の土の硬さが、今年はやけに気になる。二月末に、野積みチップを投入したのに殆ど変化なし。良きにつけ悪しきにつけ、もっと大量に投入しないと変化はないということか。来週から畝間にガンガン撒いてく予定。

土が締まり過ぎてるようで、今年のスイカは望み薄か。なんせ、防草シートを貼るのに、踏みまくってるので。

次の三種を播種

極早生枝豆

インゲン豆

ハニーバンタム 60穴

4月1日に蒔いたエンドウが不発。播種後の水遣りプログラムにミスが。ま、平たく言えば水遣りが足りなかったのではと。

ジャガイモ、エンバク、スナップエンドウ。ジャガイモはメークインが特に発芽が悪い。

スナップエンドウは上々。同じタイミングでやってきた、第一畑よりも第二畑の方が順調。地力はあるってことか。

第一畑のイチゴ。プランターから開放してあげたら、元気一杯の様子。

雨の少ない春先

4月1日

第二畑の一日

エン麦

ジャガイモが発芽。昨年より一週間早く。

牛豚ミックスを漉き込んで

スイカとトウモロコシのマルチ張り

人気のスナップエンドウの春蒔きに挑戦

冬越しのスナップエンドウは追い肥もできて、これから大きくなるのが楽しみ。

第一畑

アスパラガスがニョキッと。三年目は良いスタート。

キャベツとレタスは、来週植え付けできそう。

長ネギの発芽を確認。覆土が多過ぎたかも。

チップ堆肥

2月25日

第二畑の半分に、チップ堆肥を投入。

右半分は籾殻を投入済み。籾殻は粘土質の改善目的で。チップ堆肥は5年ほど野積みされて、中の方は現在でも発熱中。

このスペースには、トウモロコシ、インゲン豆、スイカを予定。

どんな結果が待っているのか。

記録的

8月16日

記録的な長雨となってます。

休みなのに、思うように畑に入れません。

8月15日にハニーバンタムを全収。11日にも合間を縫って収穫したのですが、その日が正解だった様子。コンパニオンプランツとして混植したインゲンの効果は感じられず。

11日に最後の胡瓜を植え付け。二番目の胡瓜が、ボツボツ始まった様子。

収穫の最盛期

7月23日

第二畑のハニーバンタムが、収穫期に入ってます。土曜日には孫たちが、日曜日には妹が、それぞれ何本も取りました。発芽は揃いませんでしたが、実入り自体には影響は少ないようで、これから順々と収穫できるかと思うと楽しみです。

スイカはまさに最盛期。ゴロゴロなってます。

トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、オクラが良いです。

ただ、キュウリの第一弾がソロソロ終わりそう。でも、第二弾が大きくなっていません。少しタイミングが遅かったようです。

ハニーバンタムを満喫

7月15日

ハニーバンタムを全て収穫することに

播種が4/16なのでピッタリ三ヶ月間

一本一本を切り倒し

それから実をもいで

かなりの収量に

今週に入り、獣が食べに来ていたそうで。朝になると一本づつ増えていたそうです。

根っこを掘り起こして終了。師匠が乾いたら燃やしておいてくれるとのこと。

翌朝の朝食には、カミさんがコーンパンを作ってくれました。オクラも初収穫です。こちらは、49日間で初収穫。

収穫については、この一週間のうちに、2、3割は取っても良かったねとの意見で一致しました。

地域活動の合間を縫って

7月8日

午後1時30分より公民館の地区代表会議が、そして午後6時00分からは地域の夏祭り実行委員会の会議が予定されています。

そんな中、第二畑のハニーバンタムに鳥避けネットを掛けるべく、まずは混植しているインゲンを収穫。

籠一杯の収穫。全てを、手伝いに来たカミさんが取ってくれました。私は、草むしりに精をだして。スイカの収穫もしましたが、そちらはスイカだよりに。

一旦引き上げ、用を済ませ、その後支柱を立て、ネットを掛け終了。

シャワーを浴びて6時00分には公会堂へ。

7月9日

昨日に引き続き、猛暑の中での作業が予想され、少しでも涼しいうちにと早朝から開始。

キュウリの第二弾。師匠に育苗をお願いしたものを植えつけました。

播種後二週間目の枝豆

来週あたりには開花しそうなオクラ

収穫した物

ほんの少し早いかと思いつつ、ハニーバンタムを、大きそうなものから15本だけ。

剥いてみると、マズマズの実入り。1時間もしないうちに茹で上げ、食べた物は最高の甘味が溢れてました。

バジルも初収穫

パプリカはもう一息

ししとうは順調

今年は茄子があまり良くないです

カボチャ

アスパラは概ね繁ってきて、来年は充分収穫できそう。

日中は休んで買い物などをして、夕刻前に再び第二畑へ。

サツマイモ周りの草むしりに。好きではないですが、作業をした感が満載で、充実感はあります。むしった草は堆肥にする予定。

明日の予報は雨

6/24

日曜日の雨予報が気になるなか、週末を迎えました。

圃場に出ますと、師匠から「動物の足跡が有る」と言って、畑の脇のU字溝を指差しでます。猫とは明らかに違い、野良犬も見ないことから、害獣対策を急ぐことに。

獣害対策として、ハニーバンタムに粗めのネットを地際から張り巡らし、上部にはすっぽりと鳥避けのネットを掛けました。そして、センサー式の光音装置。

ご近所との会話の中では、タヌキやハクビシン、そしてテンなどが居ることは共通の認識。でも農家の本職さんのトウモロコシ畑は、ネットすら見えませんが、機会があれば話しを聞いてみたいです。

 

バジル  数本を摘芯

あと一息で最上部まで伸びたキュウリ

第二畑に移動して明日の準備の草刈り。明日の午後、雨が降り出す前に、ジャガイモを掘り出した畝にブルーシートを張る予定。ところが、本来なら届いて居るはずのブルーシートが届かず買い出しに行くはめに。少し高くてもネットで買い物をするのは、この時間が勿体無いからなのに、使えませんな。

6/25

朝早くに目覚めると、予報に反して、雨が降ってます。空を眺め、思い切って小雨の中、第二畑に出かけました。

防草シートほどではないでしょうが、無いよりはマシかと。

数本に雄花がつきました。発芽のバラツキが、どの様な結果をもたらすことか。

第三弾のハニーバンタム。こちらは揃って大きくなっています。

紅あずまは、ほぼ欠けることなく活着しました。ただその周りは、すでに小さな雑草がビッシリと。今まで、雑草には大らかだったのでしょう。

第一畑に戻って枝豆の種まき。オクラは順調。

一本仕立てにしたパプリカが、これも順調に大きくなってます。

芋掘り日和

6月17日

少し良すぎる天気の中、13:00頃から芋掘りのスタート。

ジャガイモの争奪戦?

メークインを掲げて。感想は、楽しかったそうです。

第二畑からスタートして、第一畑が終わったのは翌日のこと。

半分はお裾分けで貰われていきました。

第二畑のハニーバンタム。

ようやくエン麦らしいのが、ポツポツと。

第一畑のハニーバンタム。一昨日の風で、かなり倒れたので、鉄パイプを支柱にして、ワイヤーをはりました。

生育具合はバッチリなんだけど、夏野菜との位置関係が微妙。

トマトは日陰になりがち。

オクラは順調。少しだけアブラムシがたかっているのが一ヶ所確認。

キュウリは七分目位まできました。

ぐっと我慢で

6月11日

この週末に収穫を予定していたジャガイモの、枯れ具合がもう一息。

次週のお楽しみ。ぐっと我慢です。

第二畑ももう一息ですが、来週には収穫しちゃいます。

ジャガイモからサツマイモへ

10m×4畝 全部で120本のベニアズマを植え付け

畝の間には、防草シートを。マルチ張りまでは手が回らず。

56日目のハニーバンタム  雄花が出て来ました。昨年より一週間ほど遅い感じです。

第二畑のハニーバンタム  インゲンの支柱を立てました。

キュウリは好調の予感  収穫もぼつぼつ始まってます。

大きくならないカボチャ

ミニトマトの脇芽を挿しておいたら、しっかりと根付いたようなので、空いたスペースに定植。

アスパラ菜は硬くて不評だったので、引っこ抜いてしまい、そのままの所に、余ったベニアズマを挿しました。

バジルはこれから

ピーマンも大きくならないです。

全般的に、昨年より遅めの感じでしょうか。