大型台風接近中

10月22日

前週も雨で畑に入れず。週末ファーマーにとっては困難な日々が続きます。

第二畑から。降り続く雨で、田んぼになってます。畝立ての分だけ、かろうじて水没を免れてます。隣の紅あずまは、圃場の中で一番の低地だったらしく、殆ど水没しかかってます。ただ、圃場仲間から随分高いねと言われた程の高い畝立ては、無駄ではなかったようです。

刈り入れの時期を迎えたそばが可哀想です。翌日は、やはり殆どが倒伏。固定種だけに、やや腰高に育ったのか。なにぶんにも初めてのことなので。

一ヶ月ほど前から採れてますが、大人気になってます。来年は一畝全部有っても良い位です。

雨の中、カッパを着て収穫。9/4播種、48日目のチンゲン菜。最終盤のナス。娘のお土産です。

種子への変化が始まりました

10月7日

待ちに待った三連休。でも初日は野暮用がかさなり農作業は明日から。

真っ白だった花が、少しずつ変わってきてます。

本日は、生姜の味噌漬けを作ります。

土寄せが少し足りなくて、色がついてます。

味噌にミリンを少し垂らして溶いたものに漬け込んで。食べて美味しいのは勿論のこと、この味噌を使った、肉と茄子の味噌炒めは絶品でした。

左は、生食で頂きました。柔らかくて美味しかったです。

台風接近中

9月16日

台風の接近に伴い、三連休は荒れた天気にとのオーバー気味な予報に、気持ちを掻き乱されつつ迎えた金曜日。明朝早くからの農作業を口実に仕事を早上がりして、六時には起きだして作業開始です。

第一畑では、小かぶと耐性60日白菜を播種。

第二畑には三浦大根を。こちらは固定種。

先週、ザックリと耕しておいたので、大根ってことで、今一度耕してから播種。

白菜に並んで大根のトンネルが増えました。この秋のシーズン中、右奥の10m×4本のスペースにどれだけ播種できますか。

今年の枝豆は、全く身が入らずに終わりました。

生姜も立派なものが取れてます。

趣味としての

6月3日

趣味としての農作業で、本当に良かったと思います。予定通りことが運ばなくても、趣味だからこそのストレス解消なんだと諦めがつくので。

先週播種したオクラ。去年より発芽率が良い。

上からアスパラ菜、バジル、ケール。バジルは別として、やはりネットをかけないと酷いことになってます。

キュウリが成長めざましく。藁は師匠に分けてもらいました。来年こそは、自分で麦藁を。右隣の生姜の発芽を確認。

ピーマン

ナス

ミニトマト

大玉トマト

自家苗のトマト。トマトには屋根をかけたいとこなんですが。

49日目のハニーバンタム

42日目〜28日目のハニーバンタムとインゲン

先週播種したハニーバンタムとインゲン。乾燥しやすい第二畑の特徴を掴んでの、三度目の播種。発芽率は上々。

91日目と90日目のジャガイモ。天候が良ければ、第一畑は来週10日にも収穫予定。第二畑のそれは、もう少しおきたいとこです。

翌日、植え付けを手伝ってくれた一人が、収穫には是非呼んで下さいとのこと。助かります。

第二畑で、作業を始めて三ヶ月。その間、師匠は一度ものぞきに来ていません。遠慮をしてるんですね。

助っ人登場

4月16日

先週は、土日共に雨に降られ何も出来ずにいましたが、今週はバッチリ。約束していたイチゴ狩りを前倒しして、先週行ってきたのも良い判断でした。

先ずは、ハニーバンタムの頼まき

頼もしい助っ人の登場です

師匠の手本を見て

ふた粒ずつ丁寧に

土をかけ

丁寧に水遣り

完了です

長ネギと生姜も植え付け完了

第二畑に移動して

やはり20mは長い

マルチ張り  ここには、ハニーバンタンにインゲンと枝豆の混植をするつもり。お互いが害虫除けの役目を果たすそうです。結果が楽しみ。

今週末の農作業で、一番時間を取られたのが第二畑の草むしり。ジャガイモを雑草から救出することができ、ようやくジャガイモ畑らしくなりました。雑草も程度がありますから。

どれだけ作物を増やせるかは、これからGW明けまでが勝負です。

徐々に備えて

6月11日

先ずは圃場の点検から

image

トウモロコシ、スティックセニョールは順調ですが、お多福しょうがが発芽しません。60日経っているので、無理かもしれないですね。

image

5本のスイカが育ってます。図らずも手前から順に大きくなってます。

image

夏野菜も順調。

image

パプリカです。これがピーマンなら充分なんですが。色付くのが待ち遠しいですね。

image

image

トマトとミニトマト。

image

トンネルの中の葉物は、気温と水分の関係か発芽はやや良程度。ジャガイモは良い感じに枯れてます。好天にも恵まれ収穫日を迎えました。

image

オクラもなんとか欠株なく大きくなりそうです。

image

ミニカボチャが支柱を越えて伸び始めました。

有り難いことに、師匠も監督も元気です。ただ、先々今の数倍に広がる圃場を考えたとき、色々な作物の作り方や圃場の切回しを覚えることが、備えになると思ってます。

18日差

5月28日

image

3月21日播種のダイコンとカブを撤収しました。

image

最後に収穫したもの

image

こちらは、4月9日に播種したもの。暖かくなってくると、18日間ではあまり差が無くなってきた様子。

image

こちらも八割がた収穫しました。カブの出来が良くなかったですね。あと、家庭菜園には、チャック付きトンネルが便利なんだなと改めて思いました。

imageimage

6日前に蒔いたオクラが発芽。ただ、5月30日の午前の時点でも、10穴中三つほど発芽が確認出来ないものがあり、来週蒔きなおしになるかもと思っています。

image

生姜が漸く発芽。45日間かかりました。

image

タラの木のうち、ダメだと諦めていた左側の芽が吹き始めました。来年は、タラの芽の天ぷらを楽しめそうです。

北風と太陽

4月16日

167日目のスナップエンドウ。エンドウが植わっている場所の道路側は、北風の通り道になっているのと、太陽に向かい育つ習性が合わさって、南側への偏りが酷いです。

image

なので、麻紐で寄せました。

image

そんな作業中、初スナップエンドウを確認しました。

image

やはり、ネットではなく紐で誘引したほうがよさそうです。

先週購入した種しょうがと、師匠が育苗した長ネギの植え付けをしました。

image 大しょうがと中しょうがの2種を植え付け

image

溝にしょうがを植え付け

image

植え付けたしょうがの間に堆肥を入れて

image

稲藁を乗せ、土を被せて完了

次に長ネギです

image

しょうがと並んで。長ネギの方が深くサクります。師匠の鍬つかいは見事です。

image

私が並べて置くと、稲藁と土が。自分で植え付けたのかな?(笑)

image

土はこの程度で完了

次は根菜類の間引きです

IMG_2345

春どり早太り大根が一本立ち 播種27日目

IMG_2341

あまうま中かぶも二回目の間引きと土寄せ 播種27日目

IMG_2349

あまうま小かぶあやめ雪は最初の間引きと土寄せ 播種14日目

IMG_2326

34日目のミニ栗カボチャ

IMG_2360

34日目のスティックセニョール 来週カボチャと共に植え付け予定

IMG_2328

同じく大玉と小玉のすいか これはもう少し先ですね

約2時間半の作業が終了