種蒔きが終わりました

8月27日

昨年より始めた蕎麦の食べ歩き(最近は全然ですが)。食べ歩いているうちに、自分で蕎麦が打ちたくなって。自分で打ったもののかなり難しく。何より、その平凡な出来栄えに飽き足らず、自分で玄ソバを栽培してみたいと。

今年に入り、蕎麦も蒔けそうな畑を借りることができ、ジャガイモやらスイカやらトウモロコシを作って、薪どきを待ちました。

準備をしているうちに、固定種という概念にかぶれてしまい、この秋に作る野菜の半分以上は固定種の種になりました。

固定種とは、種苗会社が人工的に掛け合わせて作っている種(F1と言う)とは違い、昔ながらの野菜のこと。スーパーで売っている野菜の99%はF1種で、大量生産に向いてはいるけど、その野菜本来のを味わうなら固定種!ってなことに興味を持ったわけでして。

ソバも折角作るなら、在来種と言われる品種を作ってみたいと言うことで、隣町の野口種苗さんに出かけて、常陸秋そばの種を仕入れてきました。あの金砂郷産のソバから選抜育成されたこの常陸秋そばを育ててみます。

手に入った種は、お店のものを全部買い占めて4袋。100ml×4で400mlしかなくて、そんなに広くは要らないだろうと蒔き始めて見ると、以外にも20Mの畝を5本ぶん蒔くことができました。用意した、20M×5Mのスペースは全部使いました。

糸に沿って踏みつけた溝に、パラパラと蒔いたあと、鋤簾で土をパッパッとかけて、また踏んで鎮圧して。

この方法で、芽が出ないのなら、また簡単な方法を考えます。何せ、いくら自家消費分とはいえ、この倍のスペースに蒔かないことには収穫量が足りないと思います。ですので、出来るだけ簡単な方法を探すつもりです。

今年の晩秋に上手く収穫出来たら、1200mlを来年の種のとして、残りを石臼挽きにしようと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です