毛呂山町 田中屋

名店揃いの田中屋

県内唯一とされる流鏑馬で有名な、毛呂山町の出雲伊波比神社(いずもいわいじんじゃ)の北側に重厚な佇まいでその店は在る。今迄何度か足を運んだのだが、その度に入り損ね、漸く伺うことができた。

image

ちなみに、当日は松本から帰り着いて、まだ自宅にも戻らずに伺ったわけで、二日間の蕎麦巡りの締めともなったわけで。

imageまず、立派な店構えに感心しながら広い駐車場に車を停め店内へ。

image

ゆったりとした玄関から右手へと続く三和土の両側にテーブルが並び、左手には大き目のお座敷がある様子で、我々は右手の窓際の一番奥に席をとった。

松本からの運転のご褒美に蕎麦前のお許しがでて、メニューを開く。味噌田楽(400円)もつ煮込み(650円)たこわさ(300円)を注文し、飲み物はキリン(600円)とノンアルコール(350円)で乾杯となった。

image

image

フライングで一本減っている。

imageimage

あれこれとつまみながら楽しんでいると、先ほどメニューで目に留まった地酒の琵琶のさざなみが有ったなと思いだし、原酒の冷酒(1000円)をお願いした。

image

これが中々の逸品で、すっかり上機嫌でいよいよお蕎麦を頂くことに。注文はせいろと荒挽き蕎麦。

ほどなくして、まずはせいろ(630円)から。

image

2段に重ねられた丸い蒸籠に盛られて登場。あれっ、大盛り?との表情を見て取ってか、女将が「せいろ一人前ですよ」と。嬉しい演出にニコッとなりながら相方と一枚ずつ。外一で打たれたそれの色味は薄い茶色で、ほぼ縦横同じの麺線に切り分けられていて、やや細打ちでしょうか。

image

香りはあまりなし。自分の体調も含め、様々な条件があるのでやむを得ないところか。それを口に運ぶと、滑らかな表面を通して、冷たく締まった感触が先ず伝わって来る。かなり歯応えを感じるものの、一線を越えるとプリッとしながら切れていく。歯離れが良いとでもいうか。ただ硬く締まったものではなく、柔軟性も残しながらのしなやかなコシは、只々見事。

続いては荒挽き蕎麦(680円)。これは、四角い蒸籠に盛られ量的にはせいろの二枚からすると、やや上品な盛り。とすると、先ほどの二枚重ねが不思議。その真相は次回の楽しみ。

image

こちらは生粉打ちで、せいろに比べ若干色味を増しているが、やはり薄い茶色。麺線の仕上がりはほぼ一緒だが、表面には穀物感が現れ、飛んでいるホシの数と色味からすると、丸抜きだけではなく荒挽きを合わせ、それを挽き込まれたものか。まさに、そこが荒挽きたる所以と納得。

image

香りはまずまず。歯応えを楽しみながら、麺線の中にある荒挽きならではの穀物感を感じ取るのは蕎麦好きの特権。ただ、荒挽きといっても武骨な感じはなく繊細な荒挽きとでも表現したい。

ややもすると、何も付けずに蕎麦だけを味わってしまいたくなるが、ここは辛汁も利いてみることに。やや甘みがあって、尚且つキレのある醤油感の強い濃い目の仕上がりで、細打ちの蕎麦を潜らせると、良く絡んで上手に引き立てている。

image

薬味の葱は、自分としては長葱の白身が好みで、山葵については及第点であるが、大根おろしも辛味があれば尚良しとしたい。

ここでかけを注文。女将が「どちらにしますか」と。これは外一か荒挽きを選択することが出来る様子。一瞬だけ迷ったものの、順当に外一でお願いする。荒挽きのかけは最高に魅力的だが、これまた次回の楽しみに。

image待たされることなく運ばれてきたかけは、小ぶりな器によそられ、これぞ田中屋系の証しと秘かにおもっている。

蒸籠に盛られた状態では、外気に包まているものが、甘汁に包まれているかけの状態は、言わば湿潤100%なわけで、だからこそ見えてくる本質もある。

image

ここでも直ぐに水分を含み過ぎることなく、張りとコシをしっかりと残して手繰られる様は、まさに上質なかけそのもの。せいろの時には滑らかな表面であったのが、若干甘汁を含んでややザワッとなるところなど、先程の表現とは矛盾しているようであるが、バランス良く変化していく過程がかけの醍醐味であり、矛盾なき美味しさと言えるもの。
甘汁は、色味も味も薄いなかに抑えた甘みがあるもので、出汁感もしっかりとしたものである。
野中でも、ちちぶ田中屋でもそうであったように、かけの器の中には蕎麦と甘汁だけ。この潔さが素晴らしい。

蕎麦湯は釜湯とみたが、あまりあれこれとは聞き辛く、これまた次回以降のお楽しみ。

開業して30年、ちちぶの田中屋さんは兄弟子であること、野中さんは弟弟子であること、倅さんがお店を継ぐ予定になっていることなど、気さくに女将と会話をすることができこれにも満足。相方も何も言わずとも再訪する気が良く伝わってきて、かなり気に入った様子。余程美味しかったのでしょう。
一時間をゆうに越える時間を過ごし、本当に満ち足りた気分で、お店を後にした次第である。

一、お店の雰囲気を味わう 6/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 18/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 18/20
四、温かい蕎麦を味わう 18/20
五、蕎麦湯を味わう 3/ 5
六、蕎麦の値段 8/10
七、技術とサービス 12/15
合計 83/100

もろやま  田中屋

049(295)3335
埼玉県入間郡毛呂山町大字岩井西5-5-18
東武越生線東毛呂駅より徒歩8分
営業時間 11:00~20:00 第二水曜は17:00
定 休 日  毎週木曜日

2016年10月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です