坂戸市 西天神 2

早速の再訪

image

7月31日は空振りに終わり8月1日に初訪問するも、土日限定の十割は食することができず、ましてやそれが新そばとくれば、矢も盾もたまらず、時間が取れた初の土日に早速の再訪となりました。

image

夏新そばの文字が出ております

停まっている車を見ると、県外ナンバーもあったりで、遠方からもお客さんが来ている様子。

店内は、八割がた埋まっております。我々は小上がりに座りました。

注文は、勿論十割せいろ(850円)です。

image

二八は丸い蒸篭に盛られていましたが、こちらは笊に盛られて登場です。

image

赤城の夏の新そば。グレーがかった蕎麦色で丸抜きと思われます。手繰って聞きますと、良い香りがします。嬉しいですね〜。

二八と同じく細打ちに仕上がっており、繋がりも十割にしては上々。表面は粒子感に溢れてます。

口に運びますと見た目通りの舌触りです。歯応え感じながら歯を当てます。しっかりと押し返しながら、ふっと切れます。新蕎麦ならではの風味が広がり、さらに噛み進めます。元々、二八からして艶やかなタイプではなかったものですから、想像通り、噛むほどに旨い十割になっております。

image

今日の蕎麦湯は程よくとろみがあって、前回伺ったときよりお客さんが入ってので、釜湯がちょうど良い状態なんだとなと想像できました。

それほどメディアに取り上げられていない同店ですが、他県からもお客さんがお見えになっている様子。蕎麦好きの情報収集力に驚くとともに、その情熱にはいたく共感いたします。美味しい蕎麦との出会いってホント嬉しいですよね。

気軽に立ち寄れて、十割が堪能できるお店としてお勧めします。

8月14日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です