鶴ヶ島市 藪伊豆

系譜の蕎麦を味わう

鶴ヶ島駅西側の踏切から南へ少し走ると、左手に手打ちそばの看板が目に入ります。店名は、江戸三大系譜の藪系。

image

期待を胸に先日伺ったおりのこと、午後の部は17時からということで数分前に到着して開店を待ちますが、時間になっても気配がしません。3分待ち5分待ったところで諦めて車を出しました。何より、心楽しく味あわなければ、評価も悪くなります。拠ん所無いご事情と察し、改めて出直すことにしました。

数日後、陽が落ちてからの再訪となりました。蕎麦屋らしい引き戸を開けて店内へ。

image

先客は有りません。奥に長い店内の右手に厨房。真ん中と左手にテーブルが並んでおります。かなり大きなテレビが右手奥の高い所に置かれており、その雰囲気は街の食堂?と思わせるものでした。

左手一番手前のテーブルに陣取り、時間も遅いので一杯頂くことにしてお品書きに目を通しておりますと、冷たい蕎麦茶が置かれました。

image

お店はご主人お一人で切り盛りされているようです。注文は、味噌田楽(500円)エビスビールの中ビン(600円)そして、せいろ(600円)を二つとなりました。

image先ずはビールが出て、5分と経たずに味噌田楽が運ばれてきました。

image

美味しく頂いておりますと、これまた5分とかからずに、主役の登場となりました。中々手際が宜しいようです。

image

その蕎麦は、二八だそうで、細打ちにして寸分違わぬ断面をもち、端まで一糸乱れずに切り揃えられた麺線の出来です。見事な腕前に感心しました。ただ、私には機械打ちにも見えました。ま、看板に大きく手打ちとありましたから。

image

香りは、どちらかといえば、つなぎの香りが勝っています。口に運べば滑らかに弾力があり、細打ちのそれが束になって歯応えを作り出します。噛みすすめると風味が広がっていきます。

辛汁は、出汁の風味と甘みにアクセントがある辛口で、細打ちに良く絡み、上々です。

せいろを食べ終わる頃、かけそば(600円)を注文。

image

かけそばは、ほんの少し濃いめの色味の甘汁に、先ほどと同じ調子の蕎麦が、窮屈なく放たれており、花びらの意匠で作られた蒲鉾がのっております。蕎麦は、甘汁の中でかすかにフワッとなりながらもコシを保ち、上手に手繰られてきます。甘汁の味はまさに程々。辛汁に比べ、若干甘みを増した仕上がりです。

蕎麦湯は濃厚系で、辛汁で伸ばしていくと、辛口のそれと相まって美味しく頂けました。お会計の時に確認を致しますと、やはり釜湯ではなく別仕立てで、頃合いを見図り打ち粉で作っているそうです。

グラスに残ったビールを飲み干し、満足したところでお会計です。その間、相方はトイレへ。

こちらは、石神井の藪伊豆がご親戚で、そちらで十数年の修業の後、さらに他派にて二年ほど腕を磨いて、こちらにお店を構え五年ほどになるそうです。仕事柄、石神井のお店の前は良く通っており、寄ったことはありませんが、以前より知っているせいか、親近感を覚えました。

image

そんなこともありますが、ここからは少し苦言を。お店の中を見回したときに気付いたのですが、厨房の入口付近の壁に、モップや箒が立て掛けてあったのはいただけません。また、お客さんが食事中に、テーブルの在るスペースまで出できて、バラエティー番組を視ているのも如何なものかと感じました。

ま、深く気にせずお礼を述べ、車に乗り込み走り出しますと、相方からトイレの清掃が行き届いてないとの報告。お客さんは敏感ですからねぇ。何とか改善して欲しいものです。

神田のやぶ。室町の砂場。十番の永坂更科。どちらも伺ったのは十数年も前になりますが、良い思い出です。今後のご健勝をお祈りします。

一、お店の雰囲気を味わう 5/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 13/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 13/20
四、温かい蕎麦を味わう 13/20
五、蕎麦湯を味わう 4/ 5
六、蕎麦の値段 7/10
七、技術とサービス  10/15
 合計 65/100

藪伊豆

049(299)6552
埼玉県鶴ヶ島市鶴ヶ丘98-2
東武東上線鶴ヶ島駅より徒歩8分
営業時間 11:00~15:00 17:00~20:30
定 休 日 毎週木曜日

2016年8月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です