坂戸市 西天神

かけが物語る実力

本日は八月一日。秩父市山麓亭の記事でもご紹介した、三峯神社の白い御守りを頂戴しに早朝より出掛けて参りました。月曜日の夜明け前とあって、国道を気持ち良く走り抜けます。先日伺った田中屋さんのすぐ先のコンビニで一休みして、再び目的地を目指します。その頃から、道は狭まり、カーブも多くなってきますと、運転に不慣れな車がチラホラと。目的地を同じくして向かわれていると思われますが、その前に無事に到着出来ることを祈るばかりです。

image

午前七時の整理券配布開始の一時間前に到着して驚いたのは、もうすでに長蛇の列ができてます。

image

無事に桐箱に入った『白』の『氣守』の頒布を受けました。中身は秘密です(笑)

image

三時間半後、御参りも済ませ駐車場を出でまたビックリ。

image

反対車線は駐車場待ちの車列が数百メートルにも延びていて、今日は月曜日だよね?と、人気の高さに改めて驚きながら山を降りて来ました。

秩父市内に入ったのは、まだお蕎麦屋さんの開店時間前。少々間があります。ならばと、目的地を変更して坂戸市のこちらのお店に伺いました。

image

実は前日にも伺ったのですが、午後の休憩時間とぶつかり「夏の新そばあります」の張り紙に後髪を引かれる思いで諦めて帰ってきました。今日こそ、十割の新そばを頂けると思うと、期待が膨らみます。

お店は、県道から一本入った田舎道の丁字路の角に在ります。瓦葺きの平屋造りで、まさに蕎麦屋さんって感じです。

中に入りますと、採光も良く、明るい印象で、正面に三和土が広がりテーブルが6卓ほどあり、右手奥に小上がりに二つの座卓があります。左手が厨房となっています。

image

先客は一組。我々は正面左隅の窓際の席に座りました。さて、メニューにひと通り目を通しても、壁に貼られたものにも目をやっても、何処にも夏の新そばの文字が見当たりません。花番さんにお尋ねすると、十割は土日限定で、現在それが新そばであるとのこと。

なるほど今日は食べられないんだと納得したところで、オーダーをしました。うな丼セットのせいろ大盛り(1500円+200円)かけそば(650円)をシェアすることにしました。

時間は11時40分と平日のお昼時とあって、我々の後に三組ほど入店。駅からはかなり離れており、ふらっと立ち寄ることは考えにくく、常連さんと思われます。

10分ほどして、かけとセットが続いてやってまいりました。まずは、セットのせいろから。

image

その蕎麦、二八にて、色白くして、細く、そして繋がり良く打たれております。

image

麺の表面は、単純にツルッとした仕上がりではなく、やや粒子感があり、これは中々のもの。決して柔らかくなく、中々の歯応えを持っております。蕎麦の香りは少ないながらも残しており、全体として、蕎麦を食べている感は上々です。

それをつける辛汁は、中庸の濃さで、出汁、醤油、甘みがそれぞれ程々に味を整えています。平均的なものと言うことでしょうか。蕎麦を上手に引き立ている感じです。
ツルッ、ツッツッツ~ではなく、ズッズッときてングングと、噛んで楽しむ。そんな仕上がりです。

image

最初にかけそばの写真をとったのですが、それが出てきたときには、少しだけ目を見張りました。二週続けて同じ様な蕎麦なのです。そして、こちらの方がより繊細な感じで仕上がっております。それは多分に、細打ちのそれが醸し出すものです。薄めの色味の甘汁に放たれた細打ちの蕎麦が、フワッ~と優しく広がっています。その調和が見事です。

image

その蕎麦を味わおうと、顔を近付け手繰りますと、鰹出汁の香りがワッと立ち上ってきます。少しの甘さと、抑えられた醤油感が甘汁まで繊細なものにしています。
細打ちながらも、すぐにつゆに負けることなく、かけならではの舌ざわりと絡みを楽しませてくれます。繋がりも良いので、ズッズッ~っと心おきなく味わうことができました。これは、ホント美味しいです。
セットもののご飯で、充分にお腹も満足いたしました。

お会計の際、ご主人と言葉を交わしたのですが、結構お若くていらして、少しだけ驚きました。その時話していただいたのが、夏の新そばは赤城産のもので、量はそれほど多く入っておらず、これが終わり次第、また北海道産の十割に戻るとのこと。出来れば、なくならないうちに再訪しなければと考えております。

雑誌やガイドブックにそれほど取り上げられていないお店ですが、ご近所の評判のお店にも負けず劣らずです。何より、かけそばがあるのがいいですね。やはり、冷たい蕎麦と温かい蕎麦の両方が揃っているのが理想だとおもいます。と、言いますか、これは修行をしっかり積んでいるかどうかの違いのような気がします。

近いうちに十割も頂き、改めてこちらのお店の魅力を、自分なりに評価してみたいと思いました

image

 

一、お店の雰囲気を味わう  6/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 15/20
三、蕎麦つゆに付けて味わう 15/20
四、温かい蕎麦を味わう 17/20
五、蕎麦湯を味わう 3/ 5
六、蕎麦の値段 8/10
七、技術とサービス 11/15
 合計 75/100

手打そば  西天神

049(287)8814
埼玉県坂戸市多和目字天神前342-8
東武越生線西大家駅より徒歩25分
営業時間 11:00~14:30 17:00~19:00
定 休 日 毎週木曜日 夜は金土日

2016年8月1日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です