東松山市 くらんぼん

二重に笑顔になれた一日

吉見町の道の駅で、おいしいかき氷が食べたい。それなら東松山のお蕎麦屋で一手繰りしてからということで、三人でやってきたのがこちらのお店。以前から気になっていたので楽しみです。

image

ナビを頼りに看板を見つけてハンドルを切りますと、目に入ってきたのが蕎麦屋さんらしくない建物。食べ歩きも回を重ねてきますと、外観はさほど重要な要素でないことに気付きます。しかし、最近あったことがチラッと思い出され、まさに期待と不安が入り混じります。

image

こちらは二階が洋食屋で、一階が蕎麦屋となっており、その外観は思わず写真を撮りたくなるほど。洋食屋さんにしても凝っています。あとで相方が調べたことですが、仮面ライダーブレイドのロケで使われたそうです。外観のみならず、店内もそのまま使われたとか。あまり無いパターンだそうです。

image

隠れ家の入り口の様な扉から中に入り、靴を脱いで次の引き戸を開けますと店内のスペースとなります。

image

店内はほぼ四角形で、右手奥が厨房、真ん中の引き戸の向こうには階段があり、表に出なくても二階に上がれる造りとなっています。設計図だけでは造作が出来ないだろうと思わせるインテリアとなっていますが、妙に落ち着く空間となっています。

メニューを開いた女性陣が、なにか喜んでいます。どうやらセットメニューに心くすぐられている様子。てな訳で、私が十割ざるそば(1080円)相方はくらんぼんランチプレート(1080円)そして娘が蕎麦膳(1620円)となりました。

店内の様子をしげしげと見回しながら、お茶を啜っておりますと、15分ほどで

image

ランチプレート

image

蕎麦膳

image

十割の順にやってまいりました。

セットメニューは、どちらも目を楽しませてくれる盛り付けです。女性のお客さんには人気ですよね。

私のオーダーした十割のインプレッションから。その蕎麦、ごく標準的な蕎麦色をしており、太さも普通の感じです。そこには、うす紅色のホシが所々に。それを一手繰りしまして香りを聴いてみますと、確実に蕎麦の香りが漂います。

image

口へと運びますと、ほんの微かにザラッとした表面があり、断面的には外から中までシッカリとしたコシを保ちながら、繋がりよく麺を構成しています。瑞々しさよりは噛み応えに軸足を置いた、十割らしい風味の広がる仕上がりです。

次にセットメニューの二八を頂きます。

image

外観的には先ほどよりやや明るめの色合いで、姿形はほぼ同じ。こちらも香りが飛んでいません。表面はツルッとした感触で、のど越しも良いものです。

image

噛み応えも意外にありながら、そこは二八らしく、つつッといける仕上がりです。こんなのを、二枚三枚といきたいものですね。両方共に野趣味を抑えながら、蕎麦の風味を存分に伝えて来ます。
久々に玄人が打った蕎麦を楽しんでいます。

辛汁は、ワッとくるほど鰹の香りが際立ち、そして、コクの中に醤油の酸味がほんのりの伝わるものでした。

途中にオーダーしておりました、かけそば(864円)がやってまいりました。

image

それは、蕎麦が多いのか、やや甘汁が足りないのか、若干窮屈な感じです。個人的にはもう少しゆったりと泳がせて頂きたいものです。さて、甘汁から味わいますと、辛汁から想像していたものとは違い、かなりフラットな味わいです。鰹の存在や甘みをグッと抑えたものです。そこに放たれている二八は、麺の中に甘汁を迎い入れ、ホロホロっとした蕎麦になっております。こちらは、ズズッと遠慮なく楽しみます。でも、途中でブツブツっとなる様な不粋な振る舞いはなく、最後まで美味しく頂けました。

セットメニューを頼んだ二人は、それぞれに盛り付けを楽しみ、また、その丁寧な仕上がり具合がいたく気に入った様子です。私も少しお裾分けを頂きました。オクラの入った清涼感のあるゼリー寄せは見た目以上に美味しく、蕎麦稲荷も少し甘めに味付けされて、準主役の役割をしっかりと果していました。

セットメニューにはそれぞれデザートがついております。

image

image

これが、女性には堪らないんでしょう。女性のお客さんが多いのも頷けます。

我々が入った時、八割がた埋まっていたテーブルは、13時台とピークを過ぎていたにもかかわらず入れ替わり立ち替わりほぼ同じくらいの混み様で、安定した人気が伺えました。

こちらでは、一階で食事をすると、二階のクランボンで飲み物の割引きを受けられるそうで、これもちょっと嬉しいサービスですね。

その後、道の駅に立ち寄って買い求めたかき氷にも、美味しいを連発する女性陣を乗せ、自宅へと戻った次第です。

一、お店の雰囲気を味わう  8/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう  17/20
三、蕎麦つゆに付けて味わう  17/20
四、温かい蕎麦を味わう  14/20
五、蕎麦湯を味わう  3/ 5
六、蕎麦の値段  8/10
七、技術とサービス  12/15
 合計 79/100

そば くらんぼん

0493(27)1881
埼玉県東松山市大字松山2428-5
関越自動車道東松山ICより車で13分
営業時間 11:30~15:00 17:30~20:00
定 休 日 毎週水曜日・火曜日夜

2016年7月10日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です