ときがわ町 橋倉屋

遠方からも地元からも

本日の蕎麦屋巡りも、また、ときがわ町方面へ車を向け出発です。途中、毛呂山町の「武蔵米穀店」さんで、そば粉と打ち粉を買い求めました。

image

こちらの地そば粉は、芳しい香りで、少し黒目の美味しい蕎麦が打ち上がります。価格も抑えられておりお薦めです。

無事にそば粉も手入れて、目的のお店に17時30分に到着しました。

image

こちらは、お昼時に何度か前を通っていますが、いつも行列が出来ていて、気になっていたお店です。夕方ということで、先客が一組だけ。ラッキーです。

入口より右手にお店全体が広がっており、通りに面した壁側にテーブルが4台。その先が、横に広がる小上がりとなっていて、座卓がこちらも4台、ちょうどL字型の店内になっており、左手一番奥に陣取りました。

image

オーダーは、同行の娘が、1番人気のたわら天ざるセット(1300円+税)そして我々は、ときがわ御膳(1570円+税)と大もり(890円+税)をシェアしました。今回は、ぬかりなく御膳のお蕎麦をかけでお願いして、あとは出来上がりを待つばかりです。ふと、17時37分明覚駅発高麗川行きのディーゼル気動車キハ110系の走行音が、風にのって開け放たれた窓より聴こえてきました。当日は、気持ちの良い風がお店の中を吹き抜けていたんです。

10分と少し経ったところで、ときがわ御膳、大もり、たわら天ざるセットの順にやってまいりました。

image

image

image

ファーストインプレッションは、ときがわ御膳は豪華です。大もりの盛りの良さには驚きました。たわら天ざるセットに乗った海苔が、キラキラと光って大変綺麗です。

蕎麦については久々にお目にかかった細打ちの出で立ちです。

image

細い麺は、つながりなどを気にすることなく、麺一本一本のコシも有りますが、手繰った時に何本かが揃って作り出す食感が、蕎麦好きの感性を満足させる、押し返す柔軟性と歯応えがよろしいです。

image

細打ちを、しっかりと氷で締めているので、清涼感を持ちながら、表面にはザラっとした穀物感があり、らしさが伝わります。香りは少ないですが、噛んでいくと風味が立って美味しいですね~。

辛汁は辛味と酸味を感じる味で、醤油に特色がありそうに思いました。

image

かけそばは、メニューに太打ちですとありますが、他店では標準に入る程度で、穀物感を感じながらコシのある蕎麦になっています。美味しいですよ~。これをもりで楽しめたらなどと想いを巡らせるのも楽しいものです。

image

甘汁は、色味が濃いのですが、味わった感じはそれほどではなく、辛汁と同様に、醤油の風味を立たせて甘みを抑えた味わいでした。これは、太打ちの蕎麦と良くマッチしていた印象です。

最近は、相方共々セットメニューに反応してしまいます。それぞれのお店の工夫があって、これも楽しみの一つとなってきています。先客で居られたのは家族連れでしたし、後客の中にも同じく家族連れが居られたのも、こちらのお店に、満足度の高いセットメニューが用意されていることがひとつの理由だと感じました。

我々も、蕎麦湯も残さずしっかりと堪能して、お腹も満足になったところで、そろそろ帰りますかと腰を上げ、私が靴を履き始めた時、女将さんが「御膳のデザートがまだありますよ」と。先程から、店内がいくぶん混み始めたので、忙しかったようです。

image

改めて座り直し、一つのデザートを三人で食べました。安納芋で作った芋ようかんに生クリームが乗った一皿。ほんの一口づつでしたが大変美味しかったです。

改めて帰り支度していると、「あっ、ここのくだりは絶対に書くね」と相方にツッこまれ、三人で大笑いをしてしまいました。お店に居られたかた。どうもすみませんでした。
満足度の高いお店が揃うときがわ町の中でも、一二を争うお店ですので、近くへお越しの際には立ち寄ることをお薦め出来るお店です。

一、お店の雰囲気を味わう  7/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう  17/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう  17/20
四、温かい蕎麦を味わう  17/20
五、蕎麦湯を味わう  3/ 5
六、蕎麦の値段  7/10
七、技術とサービス  12/15
 合計 80/100

橋倉屋

0493(65)0022
埼玉県比企郡ときがわ町桃ノ木6-1
関越道坂戸西スマートICより車で22分
営時11:30~15:00 プラス金土日17:00~20:00
定 休 日 毎週水曜日

2016年5月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です