狭山市 なお光

その蕎麦一見の価値有り

お蕎麦を提供するスタイルで、有りそうで中々お目にかからないのが、生粉打ち一本のお店ではないかと。ここにご紹介するのがまさにそれで、十割を食べられお店は、大概二八であったり外一であったりと、他のお蕎麦があります。二八なり外一なりを一種だけというお店は沢山ありますが、少なくとも、私の経験では珍しいと思いました。

image

こちらに伺ったのは土曜日の12時30分頃でしたが、たまたま先客がなく、一瞬お休みかなとわざわざ店内を覗き、無事営業中であることを確認して、相方と娘を呼び入れました。

image店内は落ち着いた雰囲気で、小上がりの側の大きな窓から見える植栽が、この時期ならではの濃い目の緑に染まっているのも、それに一役も二役も買っていました。
小上がりは、掘りごたつ式になっていて、足が楽になっているのは、やはりポイント高いですね。

imageオーダーは、天ざるの大盛り(1260円+310円)かけそば(730円)を二人でシェアすることにしました。食べ歩きをスタートした頃は、もりそばとかけそばに拘っておりましたが、最近はセットものを置いているお店が多かったせいか、少し緩くなっています。

image

まずは天ざる、次にかけそばの順でやってまいりました。天ざるはオーソドックスな佇まいで、海老が二本乗っているのがやや目を引きました。

肝心の蕎麦に目をやりますと、かなりの粒子感です。蕎麦を茹でる過程で、生地の中の荒く挽かれた蕎麦粒が、水分を含んで膨らんできたものと思います。自家製粉に拘る店主のメッセージを想像するとともに、期待感も高まります。色味は濃くない蕎麦色をしていて、所々に薄紅色の甘皮のホシが入っています。一見の価値有りです。

image

舌ざわりはどうかなとひ一手繰りします、、、と、ここでオーダーミスに気が付きます。海苔が邪魔をしてしまい、上手く持ち上がりません。改めて、海苔の少ない場所で手繰り寄せた蕎麦を持ち上げ、香りを聞いてみますと惜しいかな、かなり少ない感じです。気を取り直して、口に含みますと、これは優しい。見た目の印象よりも柔らかな表面で、それでいて期待通りの粒子感を舌に伝えてきます。断面を思い描きながら歯を当てていきますと、表面同様柔らかな中心を持ちながら、それでいてコシのある麺であることに感心しきりとなりました。その性質上、スッと切れる歯応えというわけにはいきませんが、決して歯ぬかりをするのとは違い、あくまで全体にフワッとした優しい蕎麦に仕上がっていました。こんな蕎麦を打てるようになりたい。また、新たな夢をみつけてしまいました。

そんな優しい蕎麦をつける辛汁は、甘みをグッと抑えたもので、強いて言えばみりんとダシ感が表に顔を出している感じでしょうか。蕎麦との相性は充分受け入れることが出来るものでした。

薬味は丁寧な仕事のネギと、新鮮な辛味を持った山葵が添えられております。

image

かけそばについて。まず、シンプルです。何も乗っていません。蕎麦は冷たいものと同じで、その特徴的な粒子感溢れるものであり、それが放たれる甘汁も、辛汁同様甘さを抑えた味付けです。

image

ふんわり柔らかでありながら、確かな食感のある蕎麦を女性的とするならば、やや濃い目の色味をもった甘汁は男性的とでも言えるかと思います。美味しいかけそばに、また一つ出会えた気分です。

image天ぷらは薄めの衣でカラッと揚げられていて、添えられた天つゆで、美味しく頂くことができました。お値段から考えますと上々だと思います。

image

蕎麦を楽しんでいるあいだ、窓の外の植栽のある景色が穏やかな雰囲気を作り出し、実際よりも自然豊かな場所に居る様な気持ちになるのもお店の評価としては高いものがあり、我々の後に後客が三組ほど訪れ、常連さんらしき男性が、蕎麦を一手繰りしたあとの頷く様な仕草が、妙に納得出来たのも、総てを一括りにしたお店の魅力の様に感じました。

image

一、お店の雰囲気を味わう  7/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう  17/20
三、蕎麦つゆに付けて味わう  16/20
四、温かい蕎麦を味わう  17/20
五、蕎麦湯を味わう  3/5
六、蕎麦の値段  7/10
七、技術とサービス 12/15
 合計 79/100

そば処 なお光

04(2900)0660
埼玉県狭山市1521-8
関越道川越ICより車で12分
営業時間 11:00~20:00
定 休 日 毎週金曜日

2016年6月18日

寒冷紗を持ち上げて

6月25日

枝豆が揃って発芽。

image

image

種の袋の裏には、ポット蒔きの方法が記載されていましたが、直播きで問題なしです。ただこのあと一日様子を見て、60個のうち発芽不良の6箇所に、新たに種を蒔きました。

雨の後で中々乾かない畑でしたが、この日の夕方、枝豆の隣りの葉物のトンネル内の間引きをしました。

image

手前がチンゲン菜に、奥はカブ。

image

サラダからし菜

image

アスパラ菜

image

みつ葉

image

間引き菜です。サラダからし菜は、我が家のキュウリ、トマト、レタス、タマネギ、パセリ、シソと一緒にサラダになりました。それ以外は、炒めて美味しくいただきました。

獣害対策

6月19日

購入しました

image

EdgePest  エッジペスト

上部に並んだフラッシュライトから光を、下部の丸い部分から高周波の音波を、いずれも真ん中の白いセンサーで小動物の動きを感知して発する仕組みです。トウモロコシ自体に、ペットボトルをカットしたものを被せることは、蒸れるなどの影響がありそうなので検討中です。

image

対角線上に二台設置しました。

鳥害対策

image image

スイカの鳥害対策として、薄いネットを張りました。これなら、風にもそれ程煽られることはなさそうです。

新たな仲間

image

ジャガイモの後作で枝豆を蒔きました。

image

二つを4センチ離して間隔を30センチですから、約60程の種を蒔きましたが、どの程度の発芽率となることやら。駄目なら来週追加で蒔きます。

image

鳥害対策と保湿を期待して。

image

オクラは、もう暫くアブラムシに気をつけなければなりません。でも順調に大きくなり始めました。一安心です。

image

先週植え付けた紅あずまは、ほぼ欠けることなく根付いた模様です。

根切虫

6月18日

早朝に圃場の点検をしますと、先週植え付けた苗の幾つかが、根元からスッパリと切られております。ビックリです。これが根切虫かと。

先週、付録として紹介したバジル五株の内三株が。購入したエゴマの内一株がやられてしまいました。エゴマは残り一株を育てますが、バジルは一株を追加で購入してきました。

image

やはり、購入したものは立派です。

カボチャの旺盛さが凄いです。

image

蔓は三段目まで伸びてきました。現在七個ほど着果してます。

秩父市 山麓亭

雲上のパワースポットにて

毎月朔日に、霊験あらたかなご神木が入った白いお守りを配布することで、最近有名な三峰神社に行って参りました。この地へは、十五年程前に雲取山に登ったとき以来。神社への参拝となりますと、二十四年ぶりとなります。

当時はパワースポットなる言葉もまだまだ一般的ではなかったように思います。様々な物や価値観が、ものすごい速さで移り変わる現代ですが、移り変わらないものがそこにはありました。

当日は、参拝後に秩父市街にてお蕎麦をいただく予定で出掛けたのですが、駐車場から澄みきった空気の中、参道を進みますと、右手に大きなお茶屋さんが。お土産屋さんを兼ねているらしく、そういえば昔来た時も立ち寄ったなぁと思っておりますと、店の奥に麺打ち場があるではないですか。思わず相方と顔を見合わせ、帰りに此処で食べても良いかもねとなりました。

image

参拝も無事に終わり9時30分を少し回ったころ、お店の前に戻ってくると、トンットンットンッとリズミカルな音が聞こえてきます。上手ですね~。

image

かなりのスピードです。これはもう、食べていくしかないねとなりまして、カウンターでお会計を済ませて、引き換え札を手に外の参道沿いのテーブル席に座りました。

image素晴らしい景色を眺めていますと、程なくしてお蕎麦がやってまいりました。

image

こちらのお蕎麦は、噛んでいくと蕎麦の味がより楽しめる仕上がりでした。やや細めのそれを一手繰りしますと、しっかりとした食感が伝わってくる硬めのもので、香りは薄いものの、二度三度と噛んでいきますと蕎麦の旨味が広がります。

image

辛汁は、濃いめで、突出することなく欠けることもなくと言ったらよいでしょうか。強いて言えば醤油感が出でいるものでした。こちらにチャッと浸して頂くと、あぁ大もりにすれば良かったなぁと思った次第です。

蕎麦湯の提供はありませんでしたが、蕎麦屋としての期待を大きく持って伺ったのではないので良しとしました。むしろ、手打ちの良き見本を見ることができ、かつ、期待以上に手打ちらしい蕎麦を頂けたので充分満足しました。

神々しいまでの大木の間を歩き、感銘に浸り、洗われた心持ちで御利益まで頂戴して、何かホッとしたあとに、蕎麦好きの舌を満足させる。日本人で良かったなぁと心から思えた時間を過ごし山を下りました。

帰り道には、秩父往還道の彼方此方のお蕎麦屋さんが開店をする時間と重なり、あっ、今度はここに来てみようかなどと楽しい想いに相方共々浸りながら、農作業へと車を走らせました。

三峰お犬茶屋  山麓亭

0494(55)0036
埼玉県秩父市三峰298-1
関越道花園ICより100分
営業時間9:00~16:00
定 休 日 年中無休

2016年6月12日

付録

6月12日

家庭菜園ファン向け雑誌の野菜だより5月号に、ハーブの種が付録として入っていました。バジルにイタリアンパセリにチャイブの3種です。

image

バジルです。パプリカとトマトと茄子の株間に植え付けました。

image

image

イタリアンパセリとチャイブ。3種とも一ヶ月程ポットで育苗しました。

娘から、ハーブのリクエストが入っていたので渡りに船で、育ててみたいと思います。

image

昨日、紅あずまの苗を買って来た時に、かみさんのリクエストで購入したツルムラサキ。

image

そしてエゴマです。ここまでが前日に植え付けたものを午前7時前に撮影しました。

このあと三峰神社へ参拝に出掛けました。

image

午後に戻ってきてから、紅あずまを植え付けました。当初は両端の二畝の予定でしたが、監督の分と一緒に購入した苗が余ってしまい、急遽真ん中の一畝を立てて畝間60センチとかなり窮屈な三畝となりました。

image

結局発芽が揃わず仕舞いの葉物類の間引きをしました。写真は三つ葉です。

image

いよいよ伸びてきたミニカボチャを支柱に巻き付けて、本日の作業を終了です。

喜びを噛み締めながら

6月11日

ジャガイモの収穫に孫を呼ぶことにしました。

image

少し教えただけで、上手に掘ってます。

image

夢中ですね〜

image

これも入れるの?

image

私はスコップ担当。

image

バケツで運んで。

image

このあと箱も一杯になり、さらに小ぶりな段ボール箱も一杯に。

image

師匠とひ孫達が、芋掘り談議に花を咲かせてます。

image

自転車乗りやボール遊びでひとしきり身体を動かした頃に、自分達が収穫したジャガイモが茹で上がりました。

自分が育てた作物を孫と一緒に収穫し、美味しい美味しいと食べてくれる。孫達は食べ物がどうやってできて、土の中には沢山の虫がいることも知る。これ以上の幸せが世の中にあるでしょうか?

こんな幸せな場面に巡り会える人はそうは居ないと思います。全体の1%を超えているでしょうか?  そんな人々の仲間入りが出来た私は果報者です。

徐々に備えて

6月11日

先ずは圃場の点検から

image

トウモロコシ、スティックセニョールは順調ですが、お多福しょうがが発芽しません。60日経っているので、無理かもしれないですね。

image

5本のスイカが育ってます。図らずも手前から順に大きくなってます。

image

夏野菜も順調。

image

パプリカです。これがピーマンなら充分なんですが。色付くのが待ち遠しいですね。

image

image

トマトとミニトマト。

image

トンネルの中の葉物は、気温と水分の関係か発芽はやや良程度。ジャガイモは良い感じに枯れてます。好天にも恵まれ収穫日を迎えました。

image

オクラもなんとか欠株なく大きくなりそうです。

image

ミニカボチャが支柱を越えて伸び始めました。

有り難いことに、師匠も監督も元気です。ただ、先々今の数倍に広がる圃場を考えたとき、色々な作物の作り方や圃場の切回しを覚えることが、備えになると思ってます。