日高市 百日紅

十割蕎麦が秀逸

日本の奇跡の高度成長を支えた、国内有数の巨大セメント工場を見上げる場所に在るこちらのお店は、代替わりをして5年になるそうで、現在のご主人は先代の常連さんだったという、ちょっと変わった歴史があるようです。

image伺った時間は昼少し前。駐車場は満杯ですが、直ぐに停められました。お店の雰囲気は、町内の集会所か、平屋のお宅にお邪魔する感じです。

image

入り口を入りますと、右手に麺打ち場と厨房、左手に座敷となっていて、ご主人を入れて四名の方が、忙しそうにされております。席数の割には大変そうです。

注文は、十割そば(800円)二八のかえざる(400円)鴨せいろの十割(1500円)をお願いしました。食べ比べならば、先ずは十割をお持ちしますとのことでした。

image少し待った感じがした頃、鴨せいろの十割そばがやって来ました。さて、十割を味わいますか、と、ひと手繰りしますと中々の良い感じが。やや太打ちのそれを口に運んで味わいますと、まずまずの滑らかさと適度な歯応えを併せ持っています。香りを楽しみつつ噛みしだいていきますと、風味が広がります。これは美味しい。

image

挽きぐるみとお品書きにありましたが、余り濃くないホシが、結構飛んでいます。色が黒くない十割としては、かなり高位にある出来栄えと思いました。甘みの強い鴨汁にも負けず、しっかりと味わえました。

image

十割を楽しんでいますと、かなり早いタイミングで二八が運ばれて来ました。これは、食べ比べて下さいとのメッセージなのかと思いましたが、少し慌ただしく感じました。

その二八ですが、細打ちに仕上がっていて、私のような初心者には分かり易く、同じ太さで、十割と二八の差を、さぁ味わって下さい違いが分かりますか的なものではなく、味わう側に立った優しさを覚えるのは私だけではないはずです。

image

さて、これが残念ながら繋がりがあまり良くありません。つなぎの入らない十割が切れずにつなぎの入った二八が切れる、これ如何に。甘みを抑えた辛汁と上手く絡みません。麺線の太さが理由ならば、もう少し太くしても、十割の出来からすれば弾力があって喉越しも楽しめる良い二八になるのではと。もし、こちらでかけそばがあったならば、このまま甘汁に放ったとしても、良いものにはならない気がします。

そんなことで、鴨せいろを十割にしたのは結果オーライでした。

「少し早いかも知れませんが」と言われ、蕎麦湯を頂いたのは悪い気はしませんが、これも少し慌ただしく感じました。人気があれば忙しくなるのは仕方の無いことだと思います。そんな時こそ平然と、少しも忙しく無いかの如く振る舞って頂ければ、よりお蕎麦も美味しく食せるのではと思いました。席に案内されるまでに、待たされるのは、蕎麦好きなら苦にならないと思います。

お蕎麦を楽しめることに感謝し、たった一本になってしまったセメント工場の巨大な煙突を眺めながら帰路につきました。

一、店の雰囲気を味わう  6/10
ニ、冷たい蕎麦だけを味わう  17/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう  16/20
四、温かい蕎麦を味わう
五、蕎麦湯を味わう  3/ 5
六、蕎麦の値段  7/10
七、技術とサービス  11/15
 合計  60/80

石臼碾き手打ちそば 百日紅

042(985)5588
埼玉県日高市田波目575-4
東武東上越生線西大家駅より徒歩30分
営業時間 11:30~15:00(売切終了)
定 休 日  毎週火曜日・水曜日

2016年3月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です