日高市 そば六

蕎麦好きが高じて

ある日の早朝、とある裏道を走っておりますと一軒のお蕎麦屋さんから明かりが洩れております。時間はまだ夜が明け切らない6時位でした。大きなガラスの窓の向こうに黙々と蕎麦を打つ男性の姿が。今まで表通りの看板だけは目にしておりましたが、気付かずにいたんですね。

image

さっそくその翌日に出掛けました。店内に入りますと、かなりこじんまりとした様子。カウンター4席、小上がりに6人掛けの座卓が二つ。こだわりの店内の雰囲気。話しを伺うと16年前に本業の傍ら、蕎麦好きが高じて自宅の敷地内に蕎麦屋を出したそうで、そのこだわりぶりから思わずハタッと膝を叩きたくなりました。

image

お品書きには、温かい蕎麦は見当たらず、お勧めを聞いたところ、店主に勧められるまま合いもり二色そば(1200円)を注文。普段は娘さんが天ぷらを揚げているそうですが、日曜日の今日はお休みだそうで、本日は三人共同じものを頂きます。

image

蕎麦の出来上がりを待つ合間に、店主の蕎麦への思いを書いた説明書きがあり一読。その中で薬味は、つゆには溶かず、麺にも付けず、口直しに味わって欲しいとの記述が。様々なんだなぁと改めて思った次第です。

image

さて、合いもりがやってまいりました。幌加内産のソバを自家製粉した挽きぐるみの二八と、喉越しを追求した幅広のそれは、なんと八二だとか。きしめんにソバの星が入ったともの形容すれば良い感じです。

image

まずは細打ちの二八からひと摑み。自分なりの基準から照らすと、ごく標準の太さに打たれております。まさに、挽きぐるみ。滑らかさは二の次にし、蕎麦らしい風味を此処まで分かり易く表現するのもありなのかと。昨日食べた、他の店の九一の田舎蕎麦と、比率が逆転している感じです。
その濃い色をした麺をくぐらせるつゆは、全体的に辛味甘味出汁感共に分厚い感じ。コクが深いのとはチョット違い、全体の真ん中が盛り上がる感じです。

image

さて、合いもりの幅広麺は、確かに喉越しを楽しむには、良く良く出来たものでした。二八との対比も存分に味わえる仕上がりでした。北関東に根付くうどん文化。そんな事情から県西部では、蕎麦とうどん両方を提供する店が少なくなく、こちらでも両方が食せます。この幅広麺は、そんな環境の中での自由な発想から生まれた、この店の個性なのかなと。
こちらの店の最寄り駅は、昭和天皇が戦時中に行幸された歴史ある駅で、お店の面する通りは、江戸時代の旧日光街道(千人同心街道)で、かの清水の次郎長も歩いた街道だとか。さらには、西に数百メートルの所には鎌倉街道上道が当時の面影を残し、同時代の女影古戦場跡など歴史溢れる場所に在ります。蕎麦好きな歴史ファンにはこたえられないシチュエーションのお店に足を運んでみては如何でしょうか。

image小さなお店ながら、次から次へと来店があり中々の繁盛ぶり。この店もまた、蕎麦好きの人々が集う場所なのだなと思いながら後にしました。
浅き春を付け合わせのウドが告げている。そんな時間を過ごせました。

一、店の雰囲気を味わう 5/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 15/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 15/20
四、温かい蕎麦を味わう
五、蕎麦湯を味わう 3/  5
六、蕎麦の値段 7/10
七、技術とサービス 11/15
合計 56/80

手打ち  そば六

042(989)7977
埼玉県日高市高萩658-1
JR川越線武蔵高萩駅より徒歩7分
営業時間 11:00〜なくなり次第終了
定 休 日 毎週水曜日・木曜日

2016年2月14日

“日高市 そば六” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です