大子町 ますこ庵

また訪ねたいと思うお店です

前日は那須湯本に一泊して、袋田の滝と美味しいお蕎麦目指して遠征です。

image 袋田へ行くことが決まり、どこか近くに蕎麦屋さんがないかと調べ、候補の三軒の中からこちらの店に決定。その店は、観光地の喧騒から離れた、のどかな田園風景の中にぽつんと佇んで在りました。

image

入り口を入ると右側に厨房、正面は麺打ちの様子が、大きなガラスの向うに見られる店内の作りです。そこから続く三和土には10人掛けの見事なテーブルがあり、左手の一段上がった採光の良い座敷には座卓が5卓並んでおり、私たちはそのうちの一つに陣取りました。
注文後、程なくして

image天せいろそば(1400円)

image

大盛りせいろそば(1040円)

image

IMG_1502

奥久慈しゃもそば(1410円)と奥久慈しゃもの天ぷら(650円)が運ばれてきました。
こちらでは、地元産の常陸秋そばを石臼挽きにし、これも地元の秀明水を使い二八で打たれているとのことで期待が大です。ちなみに常陸秋そばは茨城県常陸太田市赤土町の在来種の中から、選抜育成された品種とのこと。

image

さてその蕎麦ですが、ハッキリうぐいす色と形容できるほどで、薄い紅色の星が所々に入った色味です。白い陶製の器に良く映えています。綺麗です。若干不揃いな細めの平打ちに仕上がったそれをひと口。プリッとした歯ざわりで、瑞々しく鮮度を感じる仕上がりです。蕎麦の香りが芳しく大変美味しいです。麺全体で跳ね返してくるようで、二八の良さが出ていると思いました。
辛汁は、辛味甘みコクと順に感じていくの中で、少し甘みにアクセントを感じ、色も薄めで、辛口好きのかたには物足りないかなと。ただ、蕎麦とは良く合っていて、また、メニューには、おろしが添えられた辛味せいろそばもあり、これもかなり楽しめたのではと、頼まなかったことを後悔しています。
同行の娘が注文した奥久慈しゃもそばを少し味見します。しつこくない油の浮かんだつゆは甘く、弾力があり脂も乗ったしゃもとネギのコクと風味は格別でした。

image

黒豆(120円)たいそう美味しかったと家内が申しておりました。

毎月第一土日限定で提供される十割蕎麦も大変気になるところで、また訪ねてみたいと思わせる味と質を提供している店でした。

image

お店の在る大子町は、茨城県でも一・二の北に位置する町です。車でも中々の時間が掛かります。だからこそ、近くへ行った折には足を延ばし、味わって頂くことをお薦めできる佳店でした。

一、店の雰囲気を味わう 7/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 17/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 17/20
四、温かい蕎麦を味わう
五、蕎麦湯を味わう 3/  5
六、蕎麦の値段 7/10
七、技術とサービス 12/15
合計 63/80
 そば処 ますこ庵

0295(76)1028
茨城県久慈郡大子町小生瀬2878-6
常磐自動車道那珂ICより50分
営業時間 11:30~14:30 19:00~21:00
定 休 日  毎週水曜日(祝日の場合は翌日)

2016年1月31日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です