蕎麦について

かなり以前のことですが、少しだけ蕎麦にハマった時期がありまして、食べ歩きの本なども読んだりしたことがありました。ただ、食べ歩きなどというものは、そこそこ余裕がなければできなことで、それ以来かなりの時がたってしまいました。

昨年のこと、白馬から戸隠を訪ずれる機会があり、戸隠なら蕎麦だよねということで、webで情報を集めていて、二度目の蕎麦との出会いとなりました。

再びの今、自分自身の環境の変化もあり、食べ歩きがスタートした訳ですが、はや食したお店は二桁になり、まずまずのペースを保っております。

image

上の写真は、食べ歩きを始めてから、現時点で最も美味しかったお蕎麦です。最初は遡ることになりますが、食べ歩いて感じたことなどを紹介していければと思います。

ところで、色々なお店の口コミを読んでみますと、褒め言葉の方が多い気がします。歯の浮くような美辞麗句ばかりが並んだものとかがあり、実際に食してみますとそれ程でもないお店に行ったことがあります。

確かにステーキや寿司などは金額に比例していることが多くて、判り易いのですが、蕎麦の美味しさはお金の高では測れない、それがまた人を惹き付けている様に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です