大子町 ますこ庵

また訪ねたいと思うお店です

前日は那須湯本に一泊して、袋田の滝と美味しいお蕎麦目指して遠征です。

image 袋田へ行くことが決まり、どこか近くに蕎麦屋さんがないかと調べ、候補の三軒の中からこちらの店に決定。その店は、観光地の喧騒から離れた、のどかな田園風景の中にぽつんと佇んで在りました。

image

入り口を入ると右側に厨房、正面は麺打ちの様子が、大きなガラスの向うに見られる店内の作りです。そこから続く三和土には10人掛けの見事なテーブルがあり、左手の一段上がった採光の良い座敷には座卓が5卓並んでおり、私たちはそのうちの一つに陣取りました。
注文後、程なくして

image天せいろそば(1400円)

image

大盛りせいろそば(1040円)

image

IMG_1502

奥久慈しゃもそば(1410円)と奥久慈しゃもの天ぷら(650円)が運ばれてきました。
こちらでは、地元産の常陸秋そばを石臼挽きにし、これも地元の秀明水を使い二八で打たれているとのことで期待が大です。ちなみに常陸秋そばは茨城県常陸太田市赤土町の在来種の中から、選抜育成された品種とのこと。

image

さてその蕎麦ですが、ハッキリうぐいす色と形容できるほどで、薄い紅色の星が所々に入った色味です。白い陶製の器に良く映えています。綺麗です。若干不揃いな細めの平打ちに仕上がったそれをひと口。プリッとした歯ざわりで、瑞々しく鮮度を感じる仕上がりです。蕎麦の香りが芳しく大変美味しいです。麺全体で跳ね返してくるようで、二八の良さが出ていると思いました。
辛汁は、辛味甘みコクと順に感じていくの中で、少し甘みにアクセントを感じ、色も薄めで、辛口好きのかたには物足りないかなと。ただ、蕎麦とは良く合っていて、また、メニューには、おろしが添えられた辛味せいろそばもあり、これもかなり楽しめたのではと、頼まなかったことを後悔しています。
同行の娘が注文した奥久慈しゃもそばを少し味見します。しつこくない油の浮かんだつゆは甘く、弾力があり脂も乗ったしゃもとネギのコクと風味は格別でした。

image

黒豆(120円)たいそう美味しかったと家内が申しておりました。

毎月第一土日限定で提供される十割蕎麦も大変気になるところで、また訪ねてみたいと思わせる味と質を提供している店でした。

image

お店の在る大子町は、茨城県でも一・二の北に位置する町です。車でも中々の時間が掛かります。だからこそ、近くへ行った折には足を延ばし、味わって頂くことをお薦めできる佳店でした。

一、店の雰囲気を味わう 7/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 17/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 17/20
四、温かい蕎麦を味わう
五、蕎麦湯を味わう 3/  5
六、蕎麦の値段 7/10
七、技術とサービス 12/15
合計 63/80
 そば処 ますこ庵

0295(76)1028
茨城県久慈郡大子町小生瀬2878-6
常磐自動車道那珂ICより50分
営業時間 11:30~14:30 19:00~21:00
定 休 日  毎週水曜日(祝日の場合は翌日)

2016年1月31日

元気に発芽

3月26日

平日単身赴任の我が身にとって、育苗はかなり難易度の高い問題。そこで、師匠の育苗箱に預かってもらうことにしまして、ポットに種まきをしたのが 3月13日のこと。

播種から13日目。その種さん達が無事に発芽して、元気に大きくなり始めました。

image

カボチャと大玉スイカです。元々、一ポットに二つ蒔きだったのですが、発芽したのなら分けるべきとの指導を受け入れ、一本づつに。参考書より50年の経験を尊重して。やはりカボチャは強いです。育ちが早い。

image

こちらは小玉スイカ

image

こちらはステックセニョール。6株の予定が12株に(笑)ま、場所も有るんで極力皆んな植え付けますか。

スイカについては、師匠がカボチャを台木に接ぎ木苗をやりたい申しており、そちらも楽しみです。

 

坂戸市 手打ちそば 悠

蕎麦居酒屋と名打つ本格派

今日明日と、那須湯本に一泊の旅行。両日ともに蕎麦を楽しもうということで、ネットで下調べ。ゆっくり目の出発に合わせて自宅よりさほど遠くないお店に決定。

image

大きな看板が少しばかり目立つ外観に、正直あまり期待は膨らみません。しかし、良い意味で裏切られることとなる店内へと。老舗と謳う蕎麦屋のそれとは大分違う店内。どちらかと言えば気軽に入れるラーメン屋さん的雰囲気。明るく愛想のいい店員さんに通されたのは唯一の四人掛けテーブルで、ガラスに面した明るい席です。

注文は、二八のせいろそば(650円)と繋ぎ一の挽きぐるみ田舎そば(750円)それに、かけ(650円)と天ぷらの盛合せ(450円)をお願いしました。ちなみに田舎そばと週替わりで、十割そばが提供されるそうです。入口の脇に、蕎麦粉は音威子府産とありました。

image

では、まずせいろからひと口。滑らかな舌触りとほのかな香りを残して、喉を通り過ぎていきます。今度は、喉に意識を集中してひと口。滑らかです。色味は薄目で、殆ど星もなく、蕎麦きりの揃った形が好印象です。

image

次に田舎そばを箸でひと摑み。こちらの田舎そばはよくある 太打ちではなく、せいろそばと同等の太さに打たれています。そっと持ち上げると、おっと思うほど張りがあります。これはどうかなと、ひと口。芳しいそばの香りが広がります。只々硬めに茹で上がったのではなく、期待以上の弾力と歯応えを堪能しました。
辛汁はちょっと辛めで、それだけを口にすると、その向うに鰹節が浮かんでくる感じです。今度は辛汁につけて頂きます。中々の相性で楽しませてくれます。薬味の山葵も上々でした。因みにこちらでは、せいろ、田舎共に140gを目安に盛り付けているとのことでした。

お店の御好意でかけそば一人前を、当日同行した、家内と娘と私のものに盛り分けていただき感謝です。甘汁の色味は薄い部類で、味も透明感があり良いものでした。甘汁の中のそばは、つゆを含んでふっくらとなり、また違った表情をみせ美味しく頂きました。小さな器のなかで、柚子の香りが際立っていました。

image

ランチタイムには、先着順で無料の小さな炊き込みご飯とデザートが付くそうで、満足出来た食事でした。
外観からは少し意外にも、本格派のお蕎麦を楽しめるお店でした。こんなお店は応援したくなります。

一、店の雰囲気を味わう 7/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 16/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 15/20
四、温かい蕎麦を味わう 15/20
五、蕎麦湯を味わう 3/  5
六、蕎麦の値段 9/10
七、技術とサービス 13/15
合計 78/100

手打ちそば 悠

049-282-6666
坂戸市千代田1-14-6
東武東上線   若葉駅より徒歩13分
営業時間  11:30~15:00 17:00~21:00
定 休 日  毎週火曜日

2016年1月30日

本格的にスタート

3月21日

早朝7時20分より作業開始。普段もっと早くから出ている師匠は、昨日のアクシデントでまだお休みなのか、姿が見えません。

image先ずは、カブと大根から。苦土石灰と配合肥料は投入済みで、畝の形を整えたら種蒔きです。

image

大根はトウ立ちし難いもの

image

カブは中かぶです

image

 

image

それぞれ種を蒔き

imageimage

ネットの上に寒冷紗を掛けて完成です。因みに、ネットは作業をする窓がチャックになっていて、収穫まで土を除けることはありません。

ここから、トウモロコシの準備です。苦土石灰は入れてありますので、配合肥料を投入して、うなったあとマルチを張りました。

image

カブが終わる頃、師匠がお見えになったので、マルチ張りを手伝ってもらいました。真ん中の青いものは、重しの鉄筋です。

今度は、スナップエンドウに追肥を施します。

image

マルチの裾を捲り、パラパラと

image

よく見ますと、花がちらほらと。早くないですかね。

その後、ステックセニョールとチンゲンサイの下準備をして、作業は終わりました。

image

我が家のサクランボでは、受粉作業の真っ最中です。おそらく、ご近所さんの養蜂家から飛んできたのではと思います。

 

穂高温泉郷

リフレッシュの為に旅行に行かれる方は結構いらっしゃるのではと思います。私達も御多分に洩れず、彼方此方へ行っています。以前はよくツアーに参加したのですが、最近は車で、温泉というパターンが多くなりました。その切っ掛けとなったのが孫の存在です。親が一緒の時は人数が多くなりますし、まして、孫だけを連れてとなりますと、ツアーではちょっと無理がありますので、自ずと車で出掛けることが増えた次第です。

先日、結婚30周年を記念して旅行に行きまして、当初は、普段全く乗らない新幹線の旅が良いかなと健闘したのですが、結局は車で行くことになりました。記念旅行の割には予算は控えめでしたが中々よろしいお宿でした

IMG_1598 (1)

割烹旅館みさと

こちらは、じゃらんの口コミで現在4.7の評価を受けている宿で、とにかく割烹旅館だけあって料理が良かったです。

今回の宿選びの基準は、部屋に露天風呂が付いていること、源泉掛け流しであることの二点でした。露天風呂が付いていても水道水ではピンと来ませんし、源泉掛け流しをうたいながら、一部循環であったりとか、本当にそんな宿に泊まるとがっかりします。

image

部屋に入ってビックリしたのがウェルカムドリンクです。しっかりと氷で冷やされていて、しかも、溶けきっていません。写真の場所は、ミニシンクで、コーヒーメーカーも備えてあり、滞在中はコーヒーを好きなだけ立てられました。

image

部屋のオープンデッキには、露天風呂のほかに足湯まであります。写真の左奥に見える場所です。雪景色も良かったので、また今度に楽しみは取っておきます。

image

 

夕食の始まりです。お食事処で音楽を聴きながら、口の中で溶けてしまうしゃぶしゃぶを堪能しました。

image

image岩魚の塩焼きは、冷めない様に器の底に炭火が入っていました。

image

最後のごはんとデザートまで来た時にはお腹がパンパンで、お部屋にお持ち帰りです。

これで、写っているのは半分ほど。味、量ともに満足出来る夕飯でした。

image

翌日はまずまずの天気。

image朝食も豪華なメニューでした。

image

朝からお風呂三昧です。朝食の後にも源泉掛け流しを味わえるのは、部屋に在るからこそ。普段は朝食の後にはまず温泉に入らない連れが、出発前まで楽しんでました。

また来たいねと言って、再訪する宿は限られていますが、此方にはまた伺う予感がします。

割烹旅館 みさと

長野県安曇野市穂高有明2177-18
0263-83-3763
中央高速長野道・豊科インターより約10km(約20分)

2016年2月20日宿泊

川越市 桜庵

しだれ桜を見上げながら

季節はまさに大寒のころ。早朝より鴻巣へ出掛けた帰り道。初めての訪問です。

IMG_1398

趣のある潜り門から玄関へ入り、履物を脱いで店内へと入ります。入って直ぐの右側に個室があります。囲裏風の八人掛けテーブルで、掘りごたつ式に腰かけられるようになっていました。我々は奥の座敷へと通され縁側に近い四人掛けの座卓へ。縁側の向こうには大きな枝垂れ桜が存在感をもって佇んでいます。

私がせいろそば(760円)家内が十割せいろそば(980円)そして、いつものようにシェアしようとかけそば(760円)をオーダーしました。

image

オーダーの直ぐ後に「良かったらどうぞ」と出して頂いたそばクレープは、味噌田楽風の甘めの味噌が乗ったもので、蕎麦の風味がしっかりと感じられる美味しいものでした。

image

ほどなくしてせいろと十割が運ばれてきました。 麺は殆ど星がなく、せいろのそれはかすかな緑色を帯びており、色味の強い十割も綺麗に盛られておりました。まずは、せいろをそのまま一口。歯に当たった後、スッと切れる感じは良いもので、はしたないかな十割に手を伸ばし頂いたそれは、二割増しでしっかりと歯に当たり、香りも感じられました。連なったまま入ってゆくのど越しも好ましく思いました。際立って端正な、角が立っていると言うほどのものではありませんでしたが、極々標準的な太さでした。

image

つけ汁は、キリッとした辛さのものではなく、甘めの部類で、好みの味でした。途中、山葵を乗せて味わうと驚くほど味が変化をし、それは好ましいもので、二度おいしいものを味わえて得した気分でした。
そば湯は、開店直後ということもあり、サラッとした感じで味わいました。

image

ゆず一欠けと青菜が少々乗ったかけそばは、比較的麺が多めで、かけ汁は見た目より濃くはなく、また、手繰った麺が切れるようなこともなく、歯切れの良さを味わいつつ頂きました。自分の好みとしてはせいろに合った麺だなと感じました。かけ汁については、透明感のある出汁感の強いものを好んでおりますが、平均以上の味と感じました。

せいろと十割のお膳には、だし巻き卵が乗っており、さらにはおでんの小鉢までサービスされ、最初のクレープもあり、リーズナブル感が溢れていました。お会計の時にお聞きしたところ、蕎麦粉は北海道産のキタワセとのことでした。

image

庭を眺めますと枝垂桜が、縁側越しに存在感を示しております。幹周りが30センチはあろうかという、桜としては中々の大きさで、桜が先なのかそれともお店が先なのか、今度伺った時にでもお聞きしたいものです。お店の方が、桜の時期には皆さん足を運んで下さるとのことでした。

良い雰囲気に包まれながらお蕎麦を美味しく楽しめるお店です。

一、店の雰囲気を味わう 8/10
二、冷たい蕎麦だけを味わう 15/20
三、蕎麦つゆを付けて味わう 15/20
四、温かい蕎麦を味わう 15/20
五、蕎麦湯を味わう 3/  5
六、蕎麦の値段 8/10
七、技術とサービス 13/15
合計 77/100

桜庵

049(234)3310
川越市的場930-2
JR川越線 的場駅より徒歩8分
営業時間  11:30~20:00
定 休 日   水曜日 第四水木連休

2016年1月24日

蕎麦について

かなり以前のことですが、少しだけ蕎麦にハマった時期がありまして、食べ歩きの本なども読んだりしたことがありました。ただ、食べ歩きなどというものは、そこそこ余裕がなければできなことで、それ以来かなりの時がたってしまいました。

昨年のこと、白馬から戸隠を訪ずれる機会があり、戸隠なら蕎麦だよねということで、webで情報を集めていて、二度目の蕎麦との出会いとなりました。

再びの今、自分自身の環境の変化もあり、食べ歩きがスタートした訳ですが、はや食したお店は二桁になり、まずまずのペースを保っております。

image

上の写真は、食べ歩きを始めてから、現時点で最も美味しかったお蕎麦です。最初は遡ることになりますが、食べ歩いて感じたことなどを紹介していければと思います。

ところで、色々なお店の口コミを読んでみますと、褒め言葉の方が多い気がします。歯の浮くような美辞麗句ばかりが並んだものとかがあり、実際に食してみますとそれ程でもないお店に行ったことがあります。

確かにステーキや寿司などは金額に比例していることが多くて、判り易いのですが、蕎麦の美味しさはお金の高では測れない、それがまた人を惹き付けている様に思います。

菜園について

image

少し前になりますが、菜園の全景を我が家の二階から写してみました。手前の一画がそうです。

トンネルはスナップエンドウなんですが、雪の重みで支柱が曲がってしまっています。

今年は、アスパラガス、ジャガイモ、トウモロコシ、スイカ、オクラなどの作物を作って行く予定です。

その中でも、トウモロコシについては、我が師匠が申しますに、この地域は獣害が酷く、恐らく真ともな収穫は難しいだろうとのこと。ま、チャレンジですね。